奥久慈金時草茶 スミレイロ

新商品 おすすめ商品

¥ 540 税込 

加算ポイント:5pt

商品コード: sumireiro-01

数量

【スミレイロ】
奥久慈の金時草茶
1袋 ティーバッグ 1.5g×7P(チャック付)

金時草にはポリフェノールの一種で抗酸化作用のあるアントシアニンやカルシウム、ビタミンA・C、食物繊維なども豊富でこれらには美容効果、眼精疲労の改善、老化防止、免疫力の向上などの効果があるといわれています。
その健康に良い野菜「金時草」を美味しく飲みやすいお茶にしたのが【奥久慈金時草茶スミレイロ】です。

キレイな紫色は天然の色です。
金時草と玄米茶をブレンドしています。

※レモンなどの酸味を加えると色の変化も楽しめます。
※奥久慈のリンゴ飴(りんごのおいしさをギュッと濃縮した大子町産りんご使用)を1粒入れて少し溶けるまでかき混ぜるても色が変化します。甘さもほどよく、くせになります。是非お試し下さい。


◆金時草とは◆
葉の表が濃緑色、葉裏が赤紫色。
熱帯アジア原産のキク科の多年草です。
江戸時代に中国から渡来し、熊本県水前寺町で栽培されたことから「スイゼンジナ」の和名があります。
これが石川県金沢市に伝わり、加賀野菜の一種になりました。加賀野菜として金沢でたくさん栽培されています。
沖縄県では「ハンダマ」と呼ばれます。
茹でるとぬめりが出て、ワカメのような食感になります。
カロテン、ビタミンC、カルシウムやカリウムが豊富です。

◆金時草の時期◆
金時草は暑さに強い野菜で、夏に盛んに成長するので、6月下旬~11月中旬にかけて出荷されます。 

◆金時草の特徴◆
一番の特徴は、葉の色です。
葉の裏側の赤紫色が金時芋や金時豆の色と似ていることから金時草と呼ばれるようになったとの事です。

葉はやわらかく、細長い楕円形をしています。茎は円柱の形をしておりたくさん枝分かれしている点が特徴です。

食用として食べられる部分は、葉と新しい茎の部分のみ。茹でると粘りがでてきます。


◆金時草の成分◆
金時草には、健康に良いとされている成分が豊富に含まれています。
●アントシアニン…ポリフェノールの一種、強力な抗酸化力を持っています。
●GABA…アミノ酸の一種、血圧降下・ストレスや疲労感の低減・睡眠の質の改善
●カルシウム…健康を維持する上で重要なミネラル。ほうれん草の3~4倍
●ムチン(ネバネバ成分)
●β―カロテン
●食物繊維

◆金時草の効果◆
マウスやラットを使った研究※で明らかになった効果は
●血圧の上昇抑制
●血糖値の上昇抑制
●抗肥満効果
●ストレスを低減させる効果
血圧、血糖、肥満、ストレスは、生活習慣病に通じる重要な要素です。
つまり、金時草で生活習慣病を予防する効果が期待できます、
※金沢大学 太田富久名誉教授とバイオセラピー開発研究センターとの共同研究によって確認させています。


内容量1.5g×7P
原材料 金時草(大子町産)、煎り米(国産)
5000円(税込)以上の
ご購入で
配送料無料

※クール便は除く
※定期購入コースは、
金額に関わらず送料無料